ストレスとホルモンの関係

Healing of the heart~気になる病気や症状をチェック~

ストレス★ホルモン

HOME >> ストレスに負けない >> ストレスとホルモン異常のページ
  メニュー

ストレスはホルモンに影響

ストレスと脳の関連は深く、まさに合わせ鏡のような感じです。ストレス状態が長く続く事で、脳細胞が破壊されてしまうほど、脳にとってはストレスが大敵なのです。

しかし、そこまで至るまでには、ストレスからくるホルモン異常が大きく関係しています。 ストレスでホルモンバランスが崩れる事で、脳内に異常をきたし悪循環が始まります。

ストレスを溜めない事、途中で休憩を入れるなど一息入れる事が、いかに大切か思い知らされます。

スポンサードリンク



長引くストレスに関しては、かなりレッドゾーンと言っても良いでしょう。

そのままストレスを長引かせていては、恐ろしい事に・・・

早めにストレス信号を感知し、ストレスのスイッチをオンからオフにしてあげる必要があります。

このスイッチを定期的に、切り替えてあげるだけでも随分と違うものです。

ストレスが自分の許容範囲を超え、限界に達しないようにしてあげれば良いのです。

ストレスを完全になくすのは、至難の技ではありますが全く、何もしないよりかは天と地の差があります。

ストレスで神経物質の分泌が悪くなると、正常心をだんだん失って、さまざまな症状として現れます。

イライラ感、不安感が増す、気分が落ち込んでしまう、キレやすくなるなど、かなり不安定な心になります。

精神的な症状として上記ですが、体の異常としても食欲不振などの胃腸障害、頭痛、動悸や息切れ、耳鳴り、湿疹、蕁麻疹、吐き気や嘔吐、血圧の上昇、脈が速くなるなど、あげたら切りがありません(汗)

ストレスは爆弾みたいなもので、いつ爆発するか分かりません・・・

ストレスと上手に向き合い、ストレスを溜めこまない工夫が必要です。

かゆみ ニキビ めまい ■胃痛  下痢 頭痛 動悸 ■ ■発熱 ■便秘 ■咳 難聴 ■心臓 腹痛 ■血便 ■耳鳴り 湿疹 白髪 ■不妊 ■膀胱炎  ■蕁麻疹 神経性胃炎 吐き気や嘔吐 腰痛や肩こり ホルモン異常 ストレス症候群  ストレス障害  ストレスと食欲 ストレスと過食 ストレス 食事 ストレスに強くなる食べ物 ストレス耐性 ■ストレス症状

スポンサードリンク



▲ページのTOPに戻る
■ストレス解消編■




スポンサードリンク



メール
プライバシーポリシー
Healing of the heart
カスタム検索
心癒して免疫力アップ 心癒しナビ.com