粘液便の原因について

Healing of the heart~気になる病気や症状をチェック~

粘液便とは?

HOME >> 大腸が危ない >> 粘液便の原因
  メニュー

粘液便の原因

粘液便とは、大便に粘液が付着していたり、大便が出ないで粘液だけが出てくるようなものをいいます。

粘液便も異常なうんちのひとつで、色は一般的に白が多いようですが、緑色やピンク色、赤だったりすることもあります。

粘液便の原因は、大腸の壁が傷ついたためです。大腸の壁が傷つくと、大腸はこれを修復するために、粘液をだします。

この粘液が大便と混ざって、粘液便となり一緒にでてくるわけです。



粘液便が白っぽいものが、多いのはこの為です。しかし、これも大腸の壁の傷が治ると同時に治まります。

でも粘液便が、いつまでも出たり症状が長引くようであれば、別の病気も考えられるので、一度病院で見てもらいましょう。

粘液は、もともと腸内で大便を移動させる際に、滑りを良くするために分泌されますが、下痢などをすると、その大便じたいが、サッサと流れていってしまうので、粘液だけ腸内に残ってしまいます。

これは、決して良い状態ではありませんが、粘液自体は決して悪いものではありません。

粘液は、必要不可欠なもので正常です。便秘になれば粘液が便の周りに付いていないと、大便がスムーズにでません。

粘液が目立つのは、下痢にともなう症状です。

ヨーグルトような、少量のものや透明の油膜のようなものが、ほんの少しだけ混ざって、大便についているくらいのものなら心配することはありません。

これは、全く健康な人にでもあることです。

でもそれが、少しづつ増えてきて他にも血便や微熱など症状が出てくるようなら、一度病院で検査された方がいいかもしれません。

とは言っても健康な人でも、便秘や下痢をしたり冷たい物の取り過ぎたり食べすぎなどで、腸管粘液が急激に動いた腸のせいで出ることがあります(汗)

粘液は、大腸や直腸の粘膜から分泌される粘液です。粘液は出ないと、便が出にくくなってしまいますので、逆に出なくてはいけません。

あまり神経質になってもよくありませんので、自分がどの症状に当てはまるのか?冷静に観察することが大切です。

粘液便の症状の進んでくると、以下のような感じで進行しますので参考にしてみて下さいネ●^^●

始めは、腹痛なく粘液は透明なのが、だんだん腹痛を伴い粘液が白色や黄色、茶色を帯びてきます。

そして、さらに症状が進むと粘液や便に血が混ざったり、血便または下血といった具合に悪化してしまいます。

▲ページのTOPに戻る

一言メモ
ウンチは、健康のバロメーターです。お腹の中が今、健康なのか?を知る重要な手がかりになります。

粘液便が出てしまうのも、そうですが、腸の働きが鈍くなる日もあれば、乱れた食生活で、消化に負担をかけてしまっている日も、時には、ありますよネ(汗)

飲み過ぎ、食べすぎ、緊張や不安、睡眠不足、私達の周りに取り巻く、さまざまなストレス、何をとっても大腸に負担をかけてしまいます!

たまには、大腸休めをしてあげましょう!

普通の白い御米を、食物繊維が豊富な、玄米に変えてみるとか、脂っこい肉類など避けるだけでも、大腸にかける負担をかなり減少させてくれます。

サツマイモヨーグルトを一緒に食べると、お通じが良くなりますょ。それとキャベツもお勧めです^^

キャベツには、大腸癌になりにくくする!成分が含まれています。大腸癌などの病気が心配な方には、とてもお勧めです!

火を通すとカサが減るので、たくさんの量を食べる事ができますし、他の野菜と一緒にスープして、食べるのも良いですネ

いつも頑張って、働いてくれている大腸を、元気にしてあげて下さい^^

関連記事




過敏性大腸症候群 大腸炎 ■大腸炎症状 ■虫垂炎 大腸ヘルニア!脱腸 ■急性大腸炎(大腸カタル) ■大腸線腫!予防 ■大腸の炎症 ■(大腸黒皮症)(●▼●;)大腸が真っ黒け? 大腸メラノーシス ■腸ねん転症 大腸憩室症 大腸憩室炎 大腸憩室出血 ■腸閉塞 虚血性大腸炎 ■潰瘍性大腸炎 ■クローン病 ■大腸アメーバ感染症 ■大腸ポリープ切除術 ■大腸ポリポーシス! ■大腸ポリペクトミー




メール
プライバシーポリシー
Healing of the heart
カスタム検索
Copyright (C)   All Rights Reserved
心癒して免疫力アップ 心癒しナビ.com